ウエディングシーンを思い出深くしよう│目指せ幸せ挙式

記事リスト

結婚指輪を選ぶ

指輪

身に着け続けてこそ意味がある

結婚指輪は、通常と異なる使用状況になる場面も多々あります。主婦であれば掃除洗濯の家事、仕事をしてればオフィスワークなど、こうした日常的な業務においても基本的に身に着けています。 勿論そうした業務に際しては外しておけば良いのですが、そうするといつの間にかどこかへ行ってしまう事もあります。それに普段から身に着けていないと、「着けなくてもいいかも」という風に思ってしまう事になります。それでは折角結婚指輪を購入した意味がありません。 様々な業務の邪魔にならないような、シンプルなデザインの指輪を多くの人が選んでいるのも、こうした理由からです。 普段から身に着け続けることで、必然的に目にする機会も増えます。

結婚指輪サイズ交換サービス

一般的に日本では個人の背景にある宗教や文化に関わらず、結婚した男女は結婚指輪を交換しています。中には日常的に身に着けない人もいますが、そうした人でも大体は結婚式ではしっかりと結婚指輪の交換をしています。 そんな結婚指輪ですが、気になるのは結婚後に生じる体形変化です。 多くの人は年齢と共に体型は変化します。これは体の代謝スピードも変わりますし、生活パターンも変わるためある程度仕方ないところです。 しかしそうした体形変化によって折角の結婚指輪が入らなくなってしまう、逆に痩せてスカスカになってしまうということになると悲しいことです。 しかし、今はそんなことを事前に防ぐ方法もあります。それは、購入後も結婚指輪のサイズ変更をしてくれるサービスです。指輪を削ってくれるサービスもありますが、それだと小さいサイズにはできません。結婚指輪として購入した同じ指輪を、サイズを変えて交換してくれるサービスもあります。

おすすめ記事一覧

結婚指輪を選ぶ

指輪

生涯変わらぬ愛の証として身に着ける結婚指輪は、まさに幸せの象徴でもあります。ただそんな結婚指輪だからこそ、注意したいことがあります。ポイントをおさえることで生涯変わらぬ愛を再確認できるのです。

日本古来の式

杯

現在の結婚式事情について、少し前と比べて神社挙式を行うカップルが増えています。特に花嫁となる人が、白無垢姿に強い憧れを抱いています。福岡には由緒ある神社が数多く存在し、神社挙式が盛んに行われています。

人気の結婚式

男女

男女が夫婦となるため、婚姻関係を結ぶためには、基本的には婚姻届を役所に提出することができれば、その日から夫婦として認められることになります。最近では小さな結婚式をするカップルが増えてきています。