ウエディングシーンを思い出深くしよう│目指せ幸せ挙式

記事リスト

式の流れ

椅子

修祓の儀から始まる

神前式では式場となる神社と費用だけでなく、神前式の流れについても把握しておくことが必要です。神前式は日本人ならではの結婚式で、費用だけでなく式の流れもホテルウェディングやチャペルウェディングなどの結婚式とは違ったものになっています。神前式の流れですが、まずは巫女に先導されて新郎新婦が神殿に向かう参進の儀を行なってから入場をします。入場ですが、参列者は新郎新婦と血縁関係の強い順に入場していきます。新郎側の親族は右、新婦側の親族は左になっています。入場を終えた後は修祓の儀を行いますが、これは新郎新婦だけでなく参列者も心身を清めるためにお祓いを受けるのです。

祝詞奏上から指輪交換

修祓の儀の次は祝詞奏上です。祝詞奏上と言うのは斎主が新郎新婦2人の結婚を神様に報告をすることで、神様の前で夫婦の誓いをする神前式には欠かせないものです。次は新郎新婦が神酒で三三九度の盃を飲み交わす三献の儀をします。三献の儀が終われば神楽の奉納というものを行いますが、これは巫女が神楽に合わせ舞を奉納することです。神楽の奉納が終われば指輪の交換をしていきます。

親族盃の儀から退場

夫婦の証である指輪の交換を終えた後には、親族盃の儀を行います。親族盃の儀では、両家の結びつきを祝って新郎新婦と参列者がお神酒を3口で飲みます。最後に斎主からお祝いの挨拶をいただき、神前に一同で拝礼をして退場をします。参進の儀から退場までの13の行いは神前式には欠かせないことばかりです。費用が高くても神前式特有の流れに憧れて、神前式を挙げたいと考えている夫婦やカップルが多いのです。今では神前式もリーズナブルで出来るようになっていますので、費用に悩まされずに神前式が出来ます。

おすすめ記事一覧

結婚指輪を選ぶ

指輪

生涯変わらぬ愛の証として身に着ける結婚指輪は、まさに幸せの象徴でもあります。ただそんな結婚指輪だからこそ、注意したいことがあります。ポイントをおさえることで生涯変わらぬ愛を再確認できるのです。

日本古来の式

杯

現在の結婚式事情について、少し前と比べて神社挙式を行うカップルが増えています。特に花嫁となる人が、白無垢姿に強い憧れを抱いています。福岡には由緒ある神社が数多く存在し、神社挙式が盛んに行われています。

人気の結婚式

男女

男女が夫婦となるため、婚姻関係を結ぶためには、基本的には婚姻届を役所に提出することができれば、その日から夫婦として認められることになります。最近では小さな結婚式をするカップルが増えてきています。